住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

熊本城マラソン、完走しました。

2020.2.21

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

いまだに両足の裏が痛いです…。

はい、私、先週日曜に開催された熊本城マラソンに出場しまして、ヘロヘロになりながらもなんとか完走いたしました。

私は熊本城マラソンは2014年以来6年ぶり2回目の出場です。

ansの流通団地店が、コースの7kmと35kmのところにあるので、いつもマラソンの時は店舗を開放して、沿道の応援の人たちに休んでもらえるようにしています。

それでですね、完全に自分のせいなのですが、今回は本当に練習不足でした。練習を始めたのが年が明けてからで、それも1週間に1回くらい。10kmも走るとフラフラになるような状態でした。おまけに大会2日前に軽いぎっくり腰にも見舞われ…。

毎年、ansスタッフが数名出場してきたのですが、今年、当選したのは私ひとり。

つまり出場を見送るわけにはいかなかったのです…。

しかも当日は、強風・大雨・低温と、考えられる最悪のコンディション。

「まぁ行けるところまで行ってみよう」と途中リタイア覚悟で走りました。

まずは7Km地点にあるans流通団地店を目指します。

 

ans流通団地店前でスタッフに撮ってもらいました。

元気でしたよ。この辺りまでは。

しかし、やはり練習はウソをつきませんね。早くも10km過ぎたあたりから足の付け根あたりに痛みが出ます。

15Kmあたりでは、足の付け根から太もも、そして膝、ふくらはぎ、足首、足裏、と要するに下半身のほとんどすべてが痛みに襲われ、もうフラフラです。

それでも何とか20kmくらいまではペースを守れていましたが、「あの」熊本港線に出てからはもうダメでしたね。

熊本港線は熊本城マラソンの難所です。

暴風雨なみに吹き荒れる風に向かって、果てしなく長く続く直線の道路をほぼ歩きのスピードで進みました。

ただ、「もうダメだ…」となって歩いてしまうと、すぐに濡れた身体が冷えてきます。低体温症になるといけないから、なんとか腕を振って走る、というか歩くというか、とにかく前に進みました。

もっと走っている途中に写真を撮ってここにアップしようと思っていたのですが、手がかじかんで握力が赤子なみになってしまいスマホが持てなかったのです。栄養ゼリーのキャップすら開けられませんでしたからね。

熊本港線を抜けて「30km」の表示を見ると、多くのランナーは「あと残り12kmもある…」と絶望的な気持ちになりますが、私は「あと5Kmでansだ!」と元気が出ました。

もうヘロヘロではありましたが、なんとか流通団地店に帰ってきましたよ。

ansスタッフからもらった温かいお茶が本当にありがたかった。

たった数時間で随分老けましたね。

 

この流通団地店のおもてなしのお陰で、なんとか残り7Kmを走り切ることが出来ました。

結果は5時間半と過去最も遅い記録になりましたが、なんとか無事に完走できただけでよかったなと。

ランナーにとっては最悪のコンディションでしたが、沿道で応援してくださっていた人たちにとっても厳しい天気だったと思います。それでもみなさん、傘を差して、カッパを着て、外に出てくれて、ずっと「頑張れ!頑張れ!」と応援してくれました。

熊本城マラソン名物のこの「途切れることのない応援」はこんな雨風が強い日でも変わりませんでした。

熊本のみなさんはすごい!

この声援がなければ確実に途中でリタイアしていたと思います。本当に背中を押してくれました。

沿道のみなさん、ボランティアのみなさん、すべての熊本のみなさん、ありがとうございました!

さて、来年は…。

他のansスタッフが走ってくれると思います。

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら