住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2013年7月

第5回住宅購入アンケート結果大公開!

2013.7.30

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

毎年ansの親会社のコンサルティング会社が行っている「住宅購入に関するアンケート調査」の結果がでました。(今回は、20代~60代のインターネットユーザー1,452名の皆さんにご協力をいただきました。詳しくはこちら

 

「今が買い時だ!」と考えている人がかなり増加しましたよ。

■質問 「今は一般的に住宅(マイホーム)の買い時だと思いますか?」

・「一般的には買い時だと思う」・・・・・54.5%(昨年対比8.7ポイント増加)
・「一般的にも買い時だと思わない」・・・・・45.5%(昨年対比8.7ポイント減少)

 

「一般的に見て今が買い時かどうか?」という質問に対して、54.5%の方が「買い時だ」と答えています。「買い時だ」と答える方の割合は年々増加してきており、今回は過去最高になりました。

過去3回の調査結果の推移をみると、

・2011年:39.0%
・2012年:45.8%(6.8ポイント増加)
・2013年:54.5%(8.7ポイント増加)

となっています。この3年間でもっとも買い時感が高まっているようです。

 

その理由としては・・・

■質問「一般的には買い時だと思う理由は?」(買い時と思うと回答した方。複数回答可。)

第1位:「今後消費税増税となる可能性があるから」・・・・・63.1%
第2位:「住宅ローンの金利が上昇傾向にあるため」・・・・・39.4%
第3位:「物件価格が上昇傾向にあるため」・・・・・25.9%

 

「消費増税」がダントツで買い時感を高めている一番の要因のようです。

消費増税が現実のものとなるかどうかは「景気動向を見定めた上で最終判断」されますが、シナリオ通りですと、2014年に8%、2015年に10%という増税スケジュールになります。

住宅着工戸数の増減は日本の景気に大きな影響を与えます。景気を安定的に成長させたい政府としては増税前の駆け込み需要とその後の反動減、という「大きな山や大きな谷」をできる限り作らないようにしたいと考えています。ですから早々に住宅ローン減税制度の延長を決めました。また住宅ローン減税の恩恵を受けにくい低所得者層や現金購入層のために「給付金制度」も現実的に検討されています。

「住宅ローン減税制度」と「給付金制度」があれば、計算上ほぼすべての住宅購入世帯で消費増税による負担増加分はほとんど吸収されることになります。それでもこのようなアンケート結果が出るのは、「駆け込み対策」であるこれらの政府政策への理解がまだまだ十分ではないのかもしれません。

ただ、消費増税の影響は、建物に対してだけではなくて、引っ越しや家電製品や家具の買い替えなど住宅購入とともにかかるその他のモロモロの出費などへも及ぶことを考えると、「やっぱり大きな支出は増税前に!」という心理は十分理解ができますね。

 

■マイホームは欲しいけど・・・買うための準備も必要です!

「一般的には買い時」ですが、「自分にとってはどうですか?」という質問もしています。

 

質問「今が自分にとって買い時だと思うか」(マイホーム購入前の方)

・「買い時だと思う」・・・・・35.7%(6.7ポイント上昇)
・「買い時だと思わない」・・・・・64.3%(6.7ポイント減少)

「自分にとっても買い時だ」という人も増加しており、3年ぶりに3割を超えました。理由としては、「住宅ローンの金利が上昇傾向にあるため」(40.8%)、「住宅ローン減税などへの税制が有利と感じられるから」(34.0%)、「景気回復が期待できるから」(30.5%)が上位にきています。アベノミクスによる経済回復への明るい見通しも背中を押す要因になっているようですね。

 

一方、「自分にとって買い時だと思わない」という人の理由の第一位は、

「十分な自己資金がまだ貯まっていないから」(40.6%)です

「頭金」が十分じゃないからまだ買えない、という方は少なくありません。私も住宅相談会などでよく聞くご意見です。そんな方に私が、「では、頭金はいくらあれば十分だとお考えですか?」と聞くと、ほとんどの方は「うーん???」となります。

頭金はいくらあればいいのか?

頭金が増えた以上に、その間に住宅価格が上がったり、金利が上がったりしたらどうなるのか?

こういったことはシミュレーションしてみないとわかりません。漠然と「頭金増えたらいいな~」という感じではなく、ちゃんと試算をして、目標額や達成時期をちゃんと決めて計画的に住宅購入プランを考えて準備しておくべきですね。

 

■住宅購入はしっかり知識を持った上で検討しましょう

消費増税がきっかけになってはいるようですが、アベノミクスで景気の見通しに明るさが出てきたことなどもあって「マイホームを購入したい」という方は11.2ポイントも増えました。

質問「将来的にはマイホームを購入したいと思いますか?」(マイホーム購入前の方)

・「購入したい」・・・・・64.0%(11.2ポイント上昇)
・「購入したくない」・・・・・36.9%(11.2ポイント減少)

 

それでも心配なことは多いと思います。

「頭金はいくら貯めたらいいのだろう?」
「消費増税前と増税後、私にとって本当はどっちがいいんだろう?」
「金利の上昇が与えるインパクトってどれくらいなんだろう?」
「家の性能や価格ってよくわからないんだけど・・・」

そういった不安を持ったまま「早く契約した方がいいですよ!」という住宅会社の営業トークに乗せられてはいけませんよ。ちゃんと自分で住宅購入に対するしっかりした考えを持つべきです。

そんなときには・・・まずはansの勉強会へどうぞ。

今週8月4日(日)の勉強会は、

午前(10:30~12:00)は「住宅購入にかかる諸経費・税金」

午後(13:30~15:00)は大人気の「後悔しない住宅選び 性能編」です。

皆様のお越しをお待ちしております♪

 

大阪で勉強会

2013.7.23

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週の日曜日は、10年前くらいからお世話になっている大阪の住宅会社さんに呼んでいただいて、「家づくり勉強会」の講師をやらせていただきました。

10年ほど前、私がコンサルタントとして担当させていただいていた時に、
社長から「こいつを頼んます!」とお願いされたのが当時ほぼ新入社員だったご子息。

一緒に敷地調査をしたり飛び込み訪問したりしたものでした。

 

そのご子息も今やリッパな社長様。

私に恥をかかせまいと頑張られたのか、この日の勉強会には会場満席となる60名様ほどのお客様を集められていました。

勉強会前の社長挨拶も堂々としたもので、ちょっと感慨深いものがありましたね。

 

ですから私も気合を入れて講師をやりましたよ。

2時間休憩なしでしたが、ご参加いただいたみなさんには最後まで真剣にお聞きいただきました。

ありがたいことです。

真面目な会社さんですから、私が勉強会でお話ししたような家づくりを丁寧にしてくださると思います。

安心して家づくりをお願いできる会社さんだと思いますね。

(職人気質の会長も現役ばりばりですからね!)

 

 

「住宅産業はクレーム産業」といわれるのはなぜ?

2013.7.19

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

住宅産業は「クレーム産業」だとよく言われます。

家を引き渡した後に、お客様からクレームをいただくことは珍しくもなんともない、というとても珍しい業界です。

住宅会社が「やります」と言っていたことをやらなかったり、説明がいい加減だったり、そもそも説明していなかったり・・・。
これは住宅会社の責任ですね。

でもお客様にも責任がある場合もあります。

住み始めてから「あれ?」と思うことがあって、住宅会社に問い合わせたら全然知らなかったことを聞かされる。

「えー!そうだったの!?何の説明も聞いていないよ!」となってお怒りになる。でも実は住宅会社は打ち合わせの初期段階でちゃんと説明をしていた、なんてことはよくあるわけです。 これはお客様が家づくりのことをよくご存じなくて、住宅会社が説明することをよく理解できていなかったケースですね。

 

住宅産業にクレームが多い理由のひとつは、
家を建てるために必要な情報がいっぱいありすぎるからです。

そして家づくりのプロである住宅会社と家を建てるのは初めてのお客様では、お互いが持っている情報や知識に差がありすぎるからです。

これを難しい言葉で「情報の非対称性」と言います。

情報の非対称性が大きい業界ほど、その情報格差が原因でトラブルが生じやすくなります。

家の工法、構造や部材、仕様グレードにその価格、建築基準法や宅建業法などの法律、住宅ローンや税金などのお金に関することなどなど、はじめて家を建てる人にとっては説明されても、「???」となることは無理もないことかもしれません。

でも、せっかく高額な家を建てるのです。

後から後悔しないためにもお客様も最低限の基礎知識くらいは知っておいた方がいいと思います。

 

ansでは最終的にどこの住宅会社でどんな家を建てるにしても、これを知っておけば大きな失敗はしないし、ちゃんと住宅会社の比較もできるようになる「後悔しないための基礎知識勉強会」をやっています。

講座は内容は多岐にわたりますが、「住宅性能編」「住宅価格編」「資金編」「土地探し編」の4つは絶対に聞いておいてほしい講座です。初めての方は是非この4つの講座からはじめていただければと思います。

 

さて、そうして勉強したとしても、住宅会社が言っていることがいまひとつよくわからないことも出てくると思います。

例えば、住宅会社によって全く正反対のことを言われるケースもあります。住宅会社ごとに戦略や家づくりに対する考え方が違いますから、説明が違ってくることもよくあります。
そんなときこそ「セカンドオピニオン」(第三者的立場からのアドバイス)を行っている私たちansに聞いていただきたいと思います。なぜその住宅会社がそういう説明をするのかを、住宅会社の戦略的見地からもご説明します。

 

後から嫌な思いはしない方がいいに決まっているし、クレームだってできたらしたくないですよね。

ぜひansをうまく活用して後から後悔しない家づくりを行っていただきたいと思います。

 

 

全国をまわっています

2013.7.14

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

私、週末にはansで勉強会をやっていることが多いのですが、ansにいない時はだいたい全国各地で住宅コンサルタント業務をしています。全国各地の住宅会社さんや不動産会社さんにお邪魔して、ローン相談会や住宅購入セミナーなどをさせていただいております。

 

先週末は石川県は小松市の住宅会社さんに呼んでいただいて勉強会をしてきました。

DSC_0123

スタッフさんがセミナー会場前のボードに私の似顔絵を書いてくださいました。
似てますか?(絵心のある人ってすごい!尊敬します。)

 

さて、勉強会には家づくりをご検討中のお客様が20名様くらいお越しいただいたのですが、

反応が・・・

ちょっと薄い???

いつもなら笑いがでるところやウンウンとうなづいてくれるところでも、ほぼ無反応。

「シーン」。

今日は調子が悪いな~住宅会社さんに申し訳ないな~と思っていました。

ところが勉強会が終わってから「あの~質問いいですか?」とお客様が続々と!

つまらなかったのではなくて、集中してうなずくのも忘れて(?)真剣に聞いてくださっていたようです。

スタッフさんによると、小松の人たちって真面目で人見知りの方が多いそうです。

でも、ひとたび心を開き、信頼するととことん付き合ってくれるようなお土地柄とのこと。

身体も声もデカイ私を警戒されていたんでしょうね。

 

今日もいい出会いをいただきました。

感謝です。

 

(そして・・・、魚介類が美味しすぎる。 )

 

FM熊本で勉強会告知

2013.7.12

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今日、FM熊本の「BEAT MAX」に少しだけ出させていただきましてansの宣伝をしてきました。

ラジオ.jpg★

「生放送なので失敗は許されん!」と思えば思うほど緊張するものですね。

MCの方がせっかくノリノリで紹介してくれていたのになんかうまく話せなくて、言いたいことの半分も話せませんでした・・・。(反省)

 

私が、これから家を買おうかと考えている方に何を申し上げたかったというと・・・

詳しくは、7月14日(日)ansの勉強会でお話します!

 

14日の勉強会は午前が「住宅価格編(住宅の価格のカラクリを知りましょう!)」

午後が「資金編(ちょっとした知識で総支払額は500万円以上も変わる!?)」です。

 

FM熊本さんには来週またお世話になります。

7月19日(金)朝9:40頃~の放送予定です。ぜひお聞きくださいね。

次回リベンジ!

 

 

夏は住宅を知るチャンス!?

2013.7.9

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

暑い日が続いていますね。

いよいよ梅雨明けですので、これからが夏本番ですね。

 

暑い夏に住宅会社をまわるのがしんどいのでしょうか、夏になると住宅展示場や完成見学会へ出向く人が減る傾向にあるようです。これを住宅業界では『夏枯れ』と呼んで恐れています。

でも長く住む家を買うことを考えると、本当はすごく暑いときやすごく寒いときこそ住宅を見に行くべきだと思います。

今の季節にモデルハウスや完成物件などの見学に行くと、きっと空調がよく効いていてとても涼しいと思います。その時に、その家を涼しくするためにどれくらいのパワーのエアコンを何台動かしているか確認してみるといいかもしれません。すべてのお部屋のエアコンを朝からフル稼働させて涼しくしている家もあれば、少しだけのエネルギーで家中が涼しく感じる家もあると思います。

住宅にかかるエネルギーは設計の仕方、作り方、性能などによって変わります。夏涼しく冬暖かい家をどう作るか、住宅会社はいろいろ工夫しています。今は夏の暑さを防ぐ工夫を体感できるチャンスですから、いろいろ住宅を見て回ってみてはいかかでしょうか。

 

「じゃあ住宅の性能って何?」という基本的なところはまずansの勉強会に参加してください。基礎知識を持った上で住宅会社回りをすると比較検討がしやすいと思いますよ。

次回のans勉強会の「住宅性能編」は8月4日(日)午後です。

冷たいお飲物をご用意して、皆様のご来店をお待ちいたしております!

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら