住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2013年8月

工務店様向けの研修会

2013.8.25

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週はずっと東京で仕事をしておりました。

火曜日に工務店経営者様との研修会がありました。
全国各地から20社ほどの経営者の皆様に集まっていただき、終日(夜の懇親会まで・・・)、熱い議論が繰り広げられました。

DSC_0150

 

勉強会のテーマは「コストダウン」

「家づくりにかかるコストの無駄を省いてどう工事原価を下げるか?」

私から研修の冒頭に「工務店の生き残り戦略」として「今、工務店経営者が取り組むべき課題について、そしてなぜ今コストダウンに取り組まねばならないのか」という今日の研修の意義について少しお話をさせていただきました。

 

工務店業界は今大きく2つの課題に取り組んでいます。

ひとつは「高性能化」

今、住宅は省エネ化が進んでいますが必ずしも省エネ住宅でなければ建てれらないことはありません。しかし、2020年にはすべての新築住宅は国が定める省エネルギー基準を満たした住宅しか建てられなくなります。省エネ住宅義務化時代の到来に向けて、住宅業界はさまざまな形で住宅の高性能化に取り組んでいます。

そしてもうひとつが「コストダウン」です。

高性能化するとどうしても家の建築価格は高くなります。しかし、住宅購入サイドのお客様の資金的購買能力は年々下がってきています。平均年収はここ10年でおよそ60万円も下がりました。また所得税の増税、厚生年金保険料の引き上げ、さらに消費税増税などがありますと、家計の可処分所得はさらに年々少なくなっていくでしょう。

つまり住宅会社からみれば、住宅を高性能化しながらも、お客様の買うことのできる価格まで原価を下げる努力をしないと誰からも買っていただけなくなるのです。

 

この「高性能化」と「コストダウン」という相反する2つの課題をクリアしなければ工務店として生き残っていけなくなります。

高性能化によって多くの部材・資材の価格は上がらざるを得ませんので、コストダウンとしては全体工賃や経費の削減がテーマになります。

研修会では工期の見直しによる期間短縮化や事前の打ち合わせの効率化、営業と設計や工務などの担当者同士の連携体制など、すべての工程を細かく見直していきました。

こうした住宅会社の見えない努力も住宅購入を検討される皆様にはしっかりとわかりやすくお伝えしていきたいと思っています。

 

では皆様、詳しくはansの勉強会にて。

 

お盆はいかがでしたか?

2013.8.19

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

残暑お見舞い申し上げます。暑い日が続きますね。

皆様、お盆休みはいかがでしたか?
私は例年通り実家のある愛知へ戻り、ご先祖様に感謝と近況報告をしてきました。
ansの報告もして、「ansを見守りください」とお願いをしておきました。

個人的なトピックとしては中学時代の同窓会がありまして、30ウン年ぶりに旧友たちに会ってきました。
それぞれのフィールドで頑張っている友人たちと会うことができて、「よし僕も頑張ろう!」と元気づけてもらった感じです。
(キレイになっていた初恋の人にも会えて、いっぱいお話しできましたし(^-^))

 

さて、
8月も多くの方にansの勉強会にご参加いただけそうです。
住宅購入をお考えの方は確実に増えていますね。

消費税の行方はここへきて「延期しよう」とか「毎年1%ずつ上げよう」とかいろんな意見が出てきていて、一体どうなるのかわからなくなってきました。政府もはっきりしませんね。

ただ、私見ですがこれはわざとはっきりさせていないようにも思えます。なぜなら「増税決定!」ということがはっきりすると、どうしても増税前の駆け込みの消費行動が起きてしまうからです。駆け込み需要というのは消費の先食いですから、一通りの需要が終わった後は恐ろしいほどの反動減があります。

地デジ移行翌年のテレビのように。

 

「デフレ脱却・景気回復」を目指している政府としては、GDPの約6割を占める消費を冷え込ませるわけにはいきません。少しでも駆け込み需要を抑えたいので、おそらく最後まで「上げようかな、それともやめようかな」とムニャムニャと玉虫色にしておくのではないでしょうか。
(私見ではありますが、これはよくあるパターンです)

ただ、予定通り来年の4月からの施行となりますと、半年前にあたる来月、2013年9月末までに住宅会社と建築請負契約を結んでさえおけば、もし着工が遅れたりして、新築住宅の引き渡しが来年の4月以降にずれ込んだとしても旧税率の5%が適用されるという暫定措置があります。

そのため「9月中には住宅会社を決めよう!」とお考えのお客様が多くいらっしゃいます。

 

今月来月は決断の時期になりますね。

ansも社員一同精一杯お手伝いさせていただきますね。

 

住宅市場もアツい!

2013.8.9

暑中お見舞い申し上げます。ansの川瀬です。

毎日暑いですね・・・。

アツい!といえば「住宅市場」です。
今すごく住宅が建設されています。

先ごろ発表された国土交通省の「建築着工統計調査報告」によると、

6月度の新設住宅着工戸数は 83,704戸。
前年同月比 で15.3%増加!

これで10か月連続の増加です。
年率換算では97万戸になるそうです。

これってすごい勢いなんです。
近年の住宅着工のピークは今から16年前の平成8年度。平成8年といえば、翌年に消費税が3%から5%に上がるために「駆け込み需要」があった年ですね。平成8年度中に建った住宅はなんと162万戸。それ以降はずっと減り続けて、リーマンショックの翌年の平成22年度にはピーク時の半分の81万戸まで落ち込みました。

今後さらに人口減少が進む中、「もう二度と100万戸時代はこない」と言われていましたので、今の住宅業界の活況は予想以上です。

平成8年度以降がそうだったように、「駆け込み需要」があるとその後の落ち込みがあります。消費増税後に景気を悪化させたくない政府としては、ローン減税延長や給付金などで駆け込み購入を何とか抑えようとしていますが、どうもそうはならないようです。

消費増税があったとしても景気が悪くならないといいですが、住宅市場に関して言えばこれだけ今年建ってしまうと、間違いなく来年度以降に反動減があるでしょうね。

住宅会社さんは生き残りをかけて経営戦略の見直しが必要になってくるでしょうね。

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら