住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2013年9月

半沢直樹と出向

2013.9.26

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週日曜日が最終回だった「半沢直樹」。面白かったですね。

 

私もバブル入行の銀行員でしたので昔に原作(俺たちバブル入行組)を読んでいました。でもドロドロした銀行の組織風土が生生しくて、いやーな読後感だったんです。

だからドラマも見ずにいたんですけど、あまりに評判がいいので途中から見てみたら・・・
これが面白いんですね。

原作とほぼ同じストーリーですが、わくわくするエンターテイメントになっている。これが演出家の腕なんでしょうかね。

 

ところで、ドラマの中では「出向」がまるで地獄行きみたいに言われてました。

銀行の出向には「片道出向」と「業務出向」というのがあって、ドラマの中で恐れられていたのは「片道出向」のほう。行ったら出向先の待遇で、もう銀行に戻ることはほとんどありません。

一方、「業務出向」は、再建などの特命のケースや、専門性を高める育成目的のケースなどがありますが、待遇は銀行と同じで一定期間ののちに銀行に戻ります。銀行では経験できない業務が多くて、とても良いスキル形成の機会になります。

私も10年間の短い銀行員生活の中で2回出向しました。

1回目は不動産管理・開発会社。
賃貸管理や収益物件の評価・鑑定などの実務を学びました。立ち退きや家賃回収など銀行では経験することのない業務もしました。

2回目は、たまたまスペイン語ができたのでスペインにある海外リゾート法人へ。
現地でホテルやゴルフ場などの財務関連を担当しました。直接会社経営に触れた最初の経験でした。

このときの経験が評価されたのかわかりませんが、3年後に本社に戻るとM&A業務(企業の買収・売却の仲介業務)を担当させてもらいました。企業の経営戦略にかかわることができるやりがいのある仕事でした。このM&Aの仕事が経営コンサルタントを志向するきっかけになり、2年後の異動の前に銀行を退職してコンサルタント会社へ転職することになった次第です。

私の社会人経験の中で、この2回の出向はかなり重要な位置づけになっています。

 

半沢直樹も東京セントラル証券へ出向を命じられるところで終わりましたが、銀行ではできない証券業務で活躍してまたちゃんと銀行に戻ってこれるんじゃないでしょうか。出向も悪くないですよ。

続編が楽しみですね。

 

住宅ローン金利に異変あり!

2013.9.18

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

住宅ローン金利がここへ来て、さらに下がってきていますね。

変動金利では0.7%台まで下げたところが多いですし、10年固定金利でもばらつきはありますが、1.4%~1.6%程度になっています。

ほぼ変動金利に近いもので2年固定や3年固定がありますが、銀行によっては変動より低い「0.6%!」なんてところもあります。

固定金利のベースとなっている長期金利の代表的指標である10年物国債金利は現在0.7%程度です。通常なら、このベースとなる長期金利に銀行の利ザヤ(儲けですね)を1%前後乗せて1.7%程度で貸し出すのですが、今はその水準をはるかに下回っています。今の水準は、変動も固定も銀行にしてみたら「赤字覚悟の出血大サービス」状態なのです。

なぜそこまで住宅ローン金利が低くなっているのでしょう?

それは銀行同士が競争しているからです。
今、消費増税の駆け込みもあって多くの人が住宅を購入しています。消費税はおそらく来年4月には上がるだろうとは思いますが、それまでに戸建もマンションも駆け込みは続くと思います。その後はもしかしたら反動減で落ち込むかもしれない、と考えたとき、銀行も今このタイミングが住宅ローンの書き入れ時なわけですね。金利ダンピングだけではなく、「頭金なしでもOK」とか「返済額見直し可能」など様々なタイプのサービスを付け加えて、各銀行が競争しながらこぞって住宅ローンを取りに来ている状況です。

これは住宅購入者であるみなさんにとってはうれしいことです。
「金利が低い」ということは「同じ返済額でも借入可能額が増える」ということですからね。

ただ、お願いしたいのはちゃんとファイナンシャルプランニング検討をした上で借入額や金融機関を選んでいただきたいということ。

考えていただきたいのは、なぜ銀行が赤字水準でも住宅ローンを取りに来ているのか?ということ。

それは「初めは赤字でも、返済期間の35年という長い年月の中でゆっくり後から利益を取れるからいい」と考えているからです。フラット35のような全期間金利固定型以外の住宅ローンの金利は変わります。今は一番低い水準ですから、おそらくこれからは上がっていくでしょう。

その時には毎月の返済額も増えていきます。ぜひ、返済額が上がることも想定して、余裕をもった返済計画から借入額を決めていただきたいと思います。

ansでは会員登録していただいた方に無料でファイナンシャルプランニング相談を行っています。わかりにくい住宅ローンのことや返済計画のことなどなんでもお聞きください。85歳までのライフプランもおつくりしますので、安心して資金計画を立てることができますよ。

お気軽に「FP相談したい」とお申込みください。

景気回復!?住宅購入で気を付けることとは?

2013.9.12

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

長雨が去り今日は晴天です。
朝晩はかなり涼しくなってきて、過ごしやすい気候になってきましたね。

今週は、日曜に神奈川県の茅ヶ崎での「家づくり勉強会」からスタートしまして、月曜は名古屋にて工務店さん向け研修会、火曜の午後から東京に来ております。明日、大阪へ向かいまして、週末はans熊本東店です。

お客様が全国にいらっしゃる関係上、こんな旅芸人のような暮らしをもう10年以上続けています。
「疲れませんか?」とよくお気遣いいただきますが、さすがにもう慣れました。新幹線の中が一番落ち着くくらいです。

移動していて感じるのは「やはり景気は回復しているのでは?」ということ。
完全に肌感覚ですけど、ビジネスホテルが予約しにくくなってきましたし、新幹線もよく混んできました。景気が良くなると人もお金もよく動くようになりますからね。

『2013年7月~9月期の法人企業景気予測調査にて、大企業、中小企業ともに経常利益が前年対比2桁増』と今朝の新聞にもありました。景気が良くなって企業収益が上がり、賃金も上がるといいですね。

景気が良くなってきたところで、住宅購入予定の皆さんにひとつ注意しておいてもらいたいことがあります。

それは「住宅価格の上昇」です。

数か月前から住宅資材がかなり値上がりしてきています。基礎に使う鉄筋やコンクリート、外装材やサッシなど軒並み上がってきました。住宅需要が高まっている中、円安や原油価格の上昇なども影響を及ぼしているようです。

今、住宅会社さんはお客様に見積もりを出すのにも神経質になっています。
各部材のメーカーさんや商社さんなどに「この価格はいつまで?」と都度確認しながら慎重に見積もりを作っています。

お客様と金額を決めて契約をしてから着工までの時間が空きすぎるとその間に部材価格が上がってしまう、なんてことも住宅会社さんにとってはリスクです。「この見積り金額は〇月末までに着工した場合です」といった『見積もり期限』がつくこともあるかもしれません。

消費増税よりも先にコストアップがやってきた感じです。みなさんは、よくタイミングを考えてご判断ください。

さて次の日曜のansの勉強会は、午前がそんな気になる「住宅価格編」です。
住宅価格のカラクリをお伝えいたします。

そして午後は「資金編」です。
みんなが気になるお金の話をいたします。予算の正しい考え方をつかむのがマイホーム検討で一番初めにやらなければいけないことです。

ぜひお越しくださいませ。お待ちしております。

テレビに出ます。

2013.9.7

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

4月のオープン以来、100組以上のお客様とご縁を持たせていただきました。
ansで紹介させていただいた住宅会社様と契約して、家づくりをスタートさせたお客様もいらっしゃいます。住宅会社でも、不動産仲介会社でもない新しい業態にも関わらずここまで割と順調に立ち上げが出来てきたのは、ひとえにお客様とご協力いただいている住宅会社様、不動産仲介会社様のお蔭です。

先日、熊本県民テレビ(KKT)さんにansの取材に来ていただきました。

ans1

これまでの感謝の気持ちも込めて、ansの「今」をお伝えしようと思いカメラの前に立たせていただきました。

とは言ってもわずか数秒しゃべるだけだったんですが、緊張はします。

なかなかこういうのは慣れませんね・・・。

ちょうど打ち合わせに来られていたお客様にも少しだけ撮影にご協力いただきました。

放映は、9月13日(金)10:25~10:55の「生活快増倶楽部」(KKT)の中で、ほんの少しだけですが流れる予定です。

 

また、エフエム熊本でも月に1度ほど4~5分ほどしゃべらせていただいています。

ans2

 

次回は9月19日(木)のお昼頃(?)の番組に出る予定です。

ラジオは生なのでこれまた緊張するんです。

恥ずかしいですが、ひとりでも多くの方に安心してansに足を運んでいただけるように情報を出していこうと思います。

 

 

土地を買うのは難しい?

2013.9.6

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週は福岡にて不動産仲介会社さん向けの研修会をやってきました。

テーマは「買いのお客様の対応力強化」

不動産仲介担当者が物件を探している「買いのお客様」のよきエージェントになるためのノウハウとシステムの研修です。

 

不動産仲介会社は、「売りたい」というお客様と「買いたい」というお客様を仲介する仕事です。

「売り希望のお客様」「買い希望のお客様」

不動産仲介会社にとってはどちらも大切なお客様です。

 

でも、どっちのお客様を重視するか?というと・・・

ほとんどの不動産仲介会社さんが「売り希望のお客様」と言うと思います。

「商売の利は仕入れにあり」と言われますが、不動産仲介会社にとっては「売り希望のお客様」から売却の依頼を受けることは「仕入れ」にあたります。よい仕入れが出来、人気がある売り物件があればすぐに買い希望のお客様が集まります。

そうして、良い売り物件を仕入れて、自分の会社で買い希望のお客様まで見つけると「両手取引」と言いまして、売りのお客様からも、買いのお客様からも仲介手数料がもらえます。だから不動産仲介会社さんは「まず仕入れが大事!」と口をそろえて言うのです。

一方、多くの仲介会社さんは「買い希望のお客様」の対応が苦手です。

なぜなら、土地などを買いたいと探しているお客様は、仲介会社にとっては面倒なお客様でもあるからです。

買い希望のお客様は、買いたいと言っても時期が曖昧だったり、どこの場所のどんな物件をどれくらいの価格で買いたいのか、というニーズが絞り込めていなかったり・・・。
もしくはニーズと予算がマッチしていなくて、とてもじゃないけど買えないような物件ばかりを探している人もいます。

仲介担当者が一生懸命対応したとしても、買いのお客様は他にもいろんな不動産仲介会社を回る場合が多いので、必ずしも自分の会社で決めてくれるかどうかもわかりません。

つまり、ニーズを絞り込んだり、予算を調整したりと手間がかかる割に、自分のお客様になるかどうかもわからないのが「買い希望のお客様」なのです。

だから「買い希望のお客様」で「不動産仲介会社に行ったら冷たくあしらわれた・・・」などと感じられる方が少なくないんですね。

 

土地から探して家づくりをされる方が一番初めにぶつかる壁が、この「土地探し」です。

住宅会社も仲介会社も真剣に探してくれないからなかなかいい土地が見つからない、と悩まれている方は多くいらっしゃいます。

この買い側にとって買いにくい環境が、今変わりつつあります。

不動産仲介会社間で売りのお客様確保の競争が激しくなる中、買い客対応力を高めたいという仲介会社が増えてきているのです。

今回の研修に参加いただいたような「買い希望客を重視したい。そのためのノウハウを身につけたい」という不動産仲介会社さんがもっともっと増えてきたら、これまでのように「不動産が買いにくい環境」が改善されていくと思います。

 

私たちansの理念は「お客様が安心して住宅・不動産を購入することができる環境をつくる」ことです。

ansは土地探しのお手伝いもいたしておりますが、完全に「買い希望のお客様」だけに対応している「買い専門のエージェント」です。

予算の打ち合わせもニーズの絞り込みも丁寧にやります。熊本市中の不動産仲介会社が公開している「売り物件」の最新情報を常時整理しています。

「土地探しって難しい」というお客様に喜んでいただけるようにしっかりやりたいと思っています。

 

賢く土地を探す方法をお伝えしている次回の「土地探し勉強会」は、9月14日(土)午後13:30~です。

まずはansの勉強会にぜひご参加ください。

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら