住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2013年10月

日本の住宅の方向性を勉強しました

2013.10.24

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

去る10月22日に、東京にてansの親会社であるコンサルティング会社が主催した工務店さんの全国大会がありました。全国から200名以上のみなさんに集まっていただき、みっちり半日かけて勉強していただきました。優秀工務店さんの営業事例や住宅デザインコンテストなど最先端の住宅会社さんの情報が共有されました。

私は総合司会を担当させていただくとともに活動事例の総評もさせていただきました。

21

 

会の中で工務店経営者のみなさんが一番強く反応されていたのは、やはり
「今後の日本の住宅の方向性について」

特別講演としてお二方のゲストスピーカーの方にお話しいただきましたが、どちらも衝撃的な内容でした。

 

まず慶應義塾大学の伊香賀俊治教授から「住宅性能と健康の関係性について」。

住宅性能の中でも特に断熱性・気密性を上げて、温熱環境を整えることでアレルギー疾患が軽減されたり、家庭内死亡事故が減少するということを研究データをもとにお話しいただきました。
この「住宅性能と健康の相関関係」については薄々みんながわかってはいるもののデータサンプルが取りにくいことなどでなかなか実証しにくいテーマでした。

伊香賀教授の研究は日本の住宅が安全かつ安心して暮らすことのできる品質になっていくためにもとても価値のあることだと思います。今後の研究成果に大いに関心が高まるところです。

 

もうおひと方は、日本エネルギーパス協会代表理事の今泉太爾様。

EU諸国で導入されている「エネルギーパス表示制度」は、住宅の省エネルギー性能を数値化して見えるようにする制度ですが、今後日本も導入されていく予定になっています。

背景にあるのは「日本の住宅は寒すぎる」ということ。それを今泉代表理事はドイツと日本を比較してわかりやすく解説してくださいました。この話を聞くと日本の住宅の現状がいかにひどいものであるかがわかり恐ろしくなると思います。

お二方のお話で今後日本の住宅がどういう方向に向かっていくのかが鮮明になったように思います。集まっていただいた工務店経営者の方々は「今日で向こう20年の経営方針と明日からやるべきことが見えた」と口々に語っておられました。

 

新築住宅市場はこれから縮小市場になります。
量より質が問われる時代です。

誰もがエネルギーコストのかからない家で、安全かつ快適に暮らせるようになるといいですね。私たちも住宅選びでみなさんが迷わないようにナビゲートしたいと思います。

伊香賀先生や今泉先生のお話はansのセミナーの中でもご紹介していきたいと思います。詳しくはans勉強会の「住宅性能編」でお話いたします。

次の住宅性能編は10月27日(日)10:30からです。

お待ちしています。

 

「どうする相続・どうする不動産」←相続が関係ない人はいません

2013.10.16

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週14日にansでは初めての企画である

「どうなる年金・どうする不動産!?50歳からの賢い暮らし方セミナー」を開催しました。

この「若いうちから老後のことを考えること」、特に「相続を考えた時に自宅などの不動産をどうするか」ということは実は誰にでも関係のあるとても重要なテーマなのです。

50sai

 

ご存知の通り、2015年から相続税が上がります。
おじいさん、おばあさん名義の不動産などがあると相続時に思わぬ税金がかかるかもしれません。

ただ、相続税が上がるからといって「じゃあ相続対策をしなきゃ!」という人は決して多くはありません。そういう方は「ウチはお金持ちでもないし、資産もないから関係ないよ」と大体おっしゃいます。

実はこういう方が一番危ないんです。

確かに相続で税金はかからないかもしれない。でも税金がかからないということと、相続でトラブルにならないということ何の関係もありません

下の円グラフをご覧ください。

相続

これは、相続で裁判にまでなった事件が一体いくらの遺産額をめぐって争われたのかを示したグラフです。

一番多い43%が「5000万円以下」、次の28%が「1000万円以下」です。あわせておよそ7割の相続裁判が「5000万円以下」、すなわち、基礎控除額の範囲内ですから相続税がかかっていない人たちが争っているのです。

つまり、相続トラブルとは「相続税トラブル」ではなく、誰がどの財産を受け取るのかという「遺産分割トラブル」なのです。

私が以前、担当したご家族は、おとうさん名義の160万円の預金を誰が相続するかで一家断絶になるほどもめました。(最後はおかあさんが家を追い出されてしまいました・・・。)

中でも特にもめるのが分けることが難しい不動産の扱いです。

例えば自宅などですね。

自宅の買い替え、建て替え、リフォームや売却などを安易に考えてはいけません。相続のことまで考えた時にそれがベストかどうかはよく考えておいた方がいいのです。

相続税がかかる人はそれ程いないとしても、お父さんお母さんがいて息子さんや娘さんがいれば相続は必ず起きます。

落とし穴はいっぱいあります。

でもちょっとした知識と準備があればみんなが円満に老後を過ごすことができ、安心して相続を迎えることができます。

おじい様おばあ様、お父様お母様、みんながお元気なうちに相続や自宅などの不動産をどうするかということを話し合って、「その時」に備えておくべきなのです。

この「50歳からの賢い暮らし方セミナー」(←もちろん50歳未満の若い方でも参加OKですよ)
近いうちにまた企画したいと思います。

参加をご希望される方は今のうちに参加意向だけansにお知らせください。

次の企画の際に真っ先にご連絡いたします。

ご連絡お待ちしています→ TEL 0120-934-829

 

 

消費増税決定

2013.10.9

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

9月末はバタバタと動き回っていまして、ちょっとブログ更新の間が空いてしまいました。
すみません。。。

そうこうしているうちに世の中は動きましたね。

全国的にすっかり秋の気配になったし、消費増税も本決まりになりました。

消費税は予定通り来年4月から8%に上がります。
マスコミは準備していた通りに「来年から生活がこんなに厳しくなる!」みたいな特集をばんばん出していますね。

車や家電、家具など比較的高額なものを中心に、これから来年3月末まで消費増税前の駆け込み購入が色々な業界で起きるでしょうね。

 

ただ、私たちの家づくりの業界では、すでに増税前の駆け込みは一段落したような感じです。

住宅は引き渡し基準なので、工事が完了して住み始めるのが来年3月末までであれば、消費税は今の5%のままですが、4月になってしまうと8%になります。ただ、先月の9月末までに住宅会社と建築請負契約をしておけば引き渡しが来年4月以降にずれ込んでも5%のままでOK、という特別な措置が取られていました。

ですので「何とか増税前に買いたい!」と考えておられるほとんどの方は9月末までに(とりあえず)住宅会社さんと契約をされたようです。

「契約が今月(10月)以降だとしても来年の3月までに家を建ててもらって引き渡しを受ければいいんでしょ?」という声があります。
確かにその通りなんですが、現実的には注文住宅で今から契約して3月末までに完成を間に合わせるのはかなり難しくなっています。

設計などの打ち合わせをすませ、工事に取り掛かって仕上げるまでに通常でも4か月とか5か月とかかかります。工事が早い会社さんだとしても、遅くとも年内に着工しないと3月末までに間に合わないと思います。

ましてや今は駆け込み需要のおかげでどこの住宅会社さんも工事の予定がパンパンです。

「工事したくても大工さんが足りない!」という声を、住宅会社さんからよく聞きます。

こういう時に怖いのは、ミスや事故です。
住宅会社さんは、忙しい時ほどお客様とのコミュニケーションをしっかりとって、丁寧かつ確実に工事を進めていただきたいものですね。

これから考える方は、消費税は上がってしまいますが、無理をして急がずにじっくり考えられた方がよさそうですね。

 

さて、今週日曜日(13日)のans勉強会は、午前が「資金-上級編」で、午後が「住宅性能」です。どちらも私、川瀬が講師をします。

お待ちしています!

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら