住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2014年1月

熊本城マラソンに・・・

2014.1.30

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

早いものでもう2014年も1か月が過ぎようとしています。

早いですね・・・。

 

私、かなり焦ってきております。

なぜかと言いますと、来る2月16日(日)の「熊本城マラソン」が人の気も知らずに近づいてきているからです。

半年くらい前に、飲んでる時の勢いで「みんなでエントリーしよう!」ということになりまして、そうしたらラッキーにも当選しました。

気楽に走ろう、ダメなら途中でやめてもいいし・・・くらい気軽に考えていたのですが、周りから「ansを名誉をかけて走るんだぞ!」というようなプレッシャーが次第にかかるようになり、噂では「ans」のロゴ入りのシャツの制作なども進んでいて、それを着なければならないとか・・・。

私はスポーツは好きなのでジョギング程度に走ってはいますが、あくまでお気楽ランナーです。

目標は「5時間台で完走!」(できたらいいな)くらいのレベルです。

「ans」のロゴを背負って走るのなら、なんとか最後まで、リタイヤせずに、笑顔でゴールしたいものです。

そのために今、できるだけ隙を見つけてトレーニングしよう、という気持ちだけはとても強いのですが・・・、そうは言っても朝は寒いし、夜は遅くまで飲むし、でなかなか走れないんですよね。

「当日は楽しんで走りたい」とは思っていますが、きっとフラフラのへろへろになるんだろうな~とネガティブ思考になっています。

もし、無様なことになっていたとしても、どうか暖かいまなざしでそっと見守っていていただければと・・・。

早い月日の流れに気ばかり焦っている川瀬でした。

 

クルマと家の省エネ化について

2014.1.22

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今日はまずクルマの話です。

日本自動車工業会によると、2012年度の新車の平均燃費は21.6km/Lだったそうです。

2008年度が16.8Km/Lでしたので、4年間で約5kmも伸びたことになりますね。

政府目標は2015年度に17.5 Km/Lでしたから、はるかに超える水準で、前倒しで達成してしまいました。

ここ数年の間で日本のクルマはエコ化が急速に進みました。

昨年、2013年度の新車販売トップ10は、トップのアクア、2位のプリウス(どちらもトヨタ)をはじめとして、すべてハイブリッドカーやエコカーで占められました。

 

クルマのエコ化の流れを振り返ってみたいと思います。

元々、クルマのエコ化は「排ガス規制」や「CO2削減」など環境問題に端を発しています。

それが一気に拍車がかかったのが2008年でした。
2008年にアメリカの金融緩和を背景にして投機マネーが市場を席巻し、原油価格も高騰しました。2008年夏には1バレル140ドルを超えました。当時は連日、ガソリン代の値上がりがニュースになっていましたね。(政権交代する前の民主党の議員達が「ガソリン、値上げハンターイ!」とかやっていましたね。)

結局、バブルが崩壊するように原油の高騰は一気に収まるんですが、私たちの心の中には「ガソリン代が値上がりすると家計が大変になる・・・」ということが刻まれました。

クルマの省エネが「環境問題」から「家計問題」として実感された瞬間だったと思います。

原油が簡単に値上がりする時代に「がんがんガソリンを食うようなクルマに乗っている場合じゃない」という意識になったのです。

続く2009年にリーマンショックが起きて、景気はどん底になります。景気回復のため、政府はエコカーへの減税や補助金の名目で自動車産業を支えました。これで一気にエコカーへの買い替えが進んだわけですね。

2009年にはついに「プリウス」が販売台数トップになります。(以降プリウスは2012年までずっと首位の座を守ります)

エコが「環境問題」から「家計問題」としてみんなの意識に刻み込まれた瞬間に自動車のエコ化が加速して、それから5年で業界のエコ化が完了したと言えます。

 

さて今、住宅にも全く同じ流れが来ています。

きっかけは原発問題に端を発した「電気代の値上がり」です。さらに昨年、円高から円安になったことで原油やLNGの輸送費や輸入決済額も上昇しました。電気代だけでなくこの冬は灯油代も値上がりしています。

いつもよりちょっと寒いこの冬、電気代と灯油代の値上がりは家計を直撃しています。

住宅の省エネ化も「環境問題」から「家計問題」になっています。

「これから電気代などが値上がりするかもわからない時代に光熱費ががんがんかかるような家に住んでいる場合じゃない」という意識に皆さんがなり始めているんじゃないかと思います。

 

そんな時に、消費増税があり、家の新築、建替えが増えています。

政府は「2020年に省エネ住宅を義務化する」ことを明らかにしています。2020年にはすべての新築住宅が、国が定める断熱性能などの省エネ基準を達成しなければなりません。

中古住宅についても断熱リフォームを推進していく方針が決まっています。

 

ただ統計では、現在はまだ新築一戸建で国が定める省エネ基準を満たしているのは全体の4割弱程度なんです。

ここが自動車業界と大きく違うところです。

クルマと同じように、2020年を待たずに日本のすべての新築住宅が断熱性能のいい家になって、皆が省エネ住宅で快適に暮らせるようになるといいですね。

 

日本の住宅の「エコ化」は、これからますます進んでいくと思います。

2014年が、その「エコ住宅普及元年」になることを願っています。

 

 

2014年の住宅購入環境は?

2014.1.14

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

みなさま、もうすっかり正月気分も抜けて順調に2014年をスタートされたことと存じます。

全国の工務店経営者の方々とお話しをしておりますと、この年明けからさっそくお客様が動き始めているという声が多いようです。8%増税の駆け込み契約が一段落した昨年秋以降、注文住宅市場は比較的静かだったのですが、またお客様が住宅イベントや現場見学会に来られるようになっているようです。

ansにも12日~14日に行った勉強会だけでなく、平日の個別相談にも住宅購入をお考えのお客様が続々とお越しになられています。

年末年始に家族が集まった時などに「家のこと」についていろいろなお話しがあったんでしょうね。

何より「住宅を買うのであれば2014年は最後の買い時タイミングなのではないか」というお考えの方が多いのではないかなと思います。

 

住宅購入タイミングはみなさんのライフプランもありますので、それぞれの家庭ごとにじっくり考えべきだと思いますが、もし、もう買うことが決まっていてタイミングを見極めておられるのであれば、最適な買い時タイミングは「今年の秋まで」というのがひとつの目安時期になるのではないかな、と勝手に考えております。

 

今年の4月に「5%→8%」に増税されますが、「3%くらいならまだ大丈夫。住宅ローン減税もあるし。」というお客様が多くいらっしゃいました。そういう方でも「さすがに10%になる前には…」とおっしゃいます。

今年の景気動向を「消費税」を軸に予想してみたいと思います。

政府は、2015年10月に消費税をもう一段階「8%→10%」へ増税をするかどうかを、「2014年度の7月~9月の経済状況を見て判断する」と言っています。

4月に8%に増税されると一旦消費は落ち込むと思いますが、それが7月以降にどれだけ回復しているかを次の10%への増税の見極め材料とするわけですね。

ただ、日本の財政を見通したときに「消費増税はしなければならない」というのが世の中のムードになりつつあります。政府(特に財務省)としても増税は規定路線ですからなんとしても景気回復スピードを落とすわけにいきません。

意地でも2014年7月~9月のGDPは増やしたいと考えています。

だから2014年度の歳出予算は過去最大の95兆8800億円という大盤振る舞いです。

もしかしたら、4月~6月にはもう一段の金融緩和があるかもしれません。
(←つまり金利は上がらない)

6月には「新成長戦略」もまた出される予定です。

 

つまり、秋ごろまで好景気ムードが醸成されるわけです。

ちょっとインフレになるかもしれません。

好景気でインフレですから、材料費や燃料費、人件費などは上がっていきます。
つまり住宅の原価は徐々に上がっていくでしょう。

でも金融緩和のおかげで金利はそれほど上がらないでしょう。住宅ローンは組みやすいと思います。

それが今年の秋ごろに「2015年10月に消費税を10%にします」と決まったら、その時から2015年3月まではまた住宅駆け込みが加速するかもしれません。

そのタイミングでは住宅価格はさらに上がるかもしれません。

 

そういったことを感じている方が多いから年明けからまた住宅市場にお客様が戻ってきているのではないかなと思います。

少しでも安く買いたい方は「消費増税の決定前(おそらく今年の10月)」までに決めておきたいものですね。

(以上、まったく勝手な私見でございます。あくまで参考程度に。)

 

 

新年あけましておめでとうございます

2014.1.1

謹賀新年。

新年あけましておめでとうございます。ansの川瀬です。

旧年中は大変お世話になりました。2013年4月に熊本市中央区帯山にans熊本東店がオープンして8か月。地域の皆様、そして提携いただいている工務店の皆様に支えていただきながら無事に2014年を迎えることができました。

2014年2月には南区田迎に2号店となる「ans熊本南店 」がオープンします。より広く熊本の皆様に後悔しない家づくりのお手伝いができるようスタッフ一同頑張ってまいります。

今年も皆様とともに確かな歩みを続けていきたいと思います。

これからもansをどうぞよろしくお願いいたします。

 

2014年元旦

ans代表 川瀬太志 ansスタッフ一同

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら