住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2014年7月

工務店経営者の皆様との会議

2014.7.31

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

猛暑ですね。皆様、熱中症にはくれぐれもご注意を。

さて、私、この猛暑の中、ここ2週間は全国の工務店さんの「経営者会議」に出ておりました。九州・熊本からスタートして、中四国、関西、中部・東海、南関東、北関東・東北信越と巡ってまいりました。各会場20~30社くらいの工務店経営者の皆様にお集まりいただきまして、今後の住宅会社経営について、熱く(暑苦しく)語り合ってきました。過去何度かやっている企画ですが、今回はいつも以上に経営者の皆さんの意識の高さを感じました。

先日、野村総研さんが住宅市場の見通しを発表されました。それによると、今現在、1年間で約95万戸の新築住宅が建設されていますが、それが2020年度には約65万戸くらいになるのではないかと予測されています。背景にあるのは人口の減少ですね。

住宅産業においては、市場が向こう5~6年で4割ほど小さくなるわけです。

これは死活問題です。

 

「いずれはそうなる」というのは誰もが何となくわかってはいたのですが、いよいよそれが現実感を持って間近に迫ってきたな、という感じです。

来年に消費税が10%になるとすると、もしかしたら昨年8%に上がる前の時のように駆け込み需要が起こるかもしれません。そうするとにわかに目先の仕事が増えて忙しくなり、5~6年先の市場の縮小への危機意識は薄らいでしまうかもしれません。でも市場の縮小は現実に起こることです。そこから目を背けずに、着々と準備をする必要があります。

市場縮小がほぼ明らかな今、5年先、10年先を見据えて今、工務店経営者は何をするべきか?

そんなことを皆さんと語り合ってきました。

 

いつも思いますが、工務店経営者の皆さんってホントに真面目ですね。

「家」という、家族の暮らしの基盤であり、財産と健康にも大きくかかわる「一生モノの資産」を創っているんだ、という自負と責任感があります。私も住生活に関わる仕事をしている者として刺激を受けましたし、身の引き締まる思いでもありました。

全国の工務店経営者のみなさま、ありがとうございました。

私も頑張って自分の出来ることを精いっぱいやろうと思います。

 

将来不安から目を背けないこと

2014.7.16

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

もう間もなく梅雨明けですね。蒸し暑さの中に、時折真夏の激しい日差しが降り注いできます。皆さまもどうぞ夏バテにはお気を付けください。

 

さて、先週末は新潟におりました。(新潟も30度以上あって暑かった~)

不動産資産家の方に向けて不動産投資のセミナーをやってきました。ansを始めてからはセミナー講師といっても住宅関連の話が多かったので、「不動産投資」のテーマは久しぶりです。ですのでセミナー内容をイチから考えて準備をして臨みました。

セミナーの準備をするときは、まずセミナーの起承転結を考えまして、それぞれのパートの関連データを集めて分析して「言いたいこと」を整理します。今回は30~40代の若い方もいらっしゃるということでしたので、まず「起」のところで「そもそもなぜ不動産投資なのか?」ということを話そうと思いました。

 

不動産投資をする動機には大きく3つあると言われています。

①相続税対策、②固定資産税対策、③収益対策

中でも若い方にとっては③の「収益対策」がもっとも関心の高いところだと思います。

その背景にあるのは「将来の収益不安」ではないでしょうか。

年金制度への信頼が揺らぐ中、どのように自分で財産を形成しリスクに備えるか。働いて財産を形成しようにも、給与が上がっていく保証もないし、定年まで働けるかも退職金がいっぱい出るかもわからない。

そんな時代に備えて生き抜くるためにも投資を考えたい、ということだと思います。

例えば「老後」です。データを集めて調べるとよくわかりますが、私たち40代より下の世代の老後はかなり厳しい現実が予想されます。「こりゃ早めに投資のひとつやふたつはやっておかないと大変だな」とつくづく思います。

 

よく40歳前後の方に次の3つの質問をします。

「老後の生活はいくらかかると思いますか?」

「その老後は何年続くと思いますか?」

「年金はいくらもらえると思いますか?」

皆さん、自分の認識と現実の差の大きさを知ると、驚かれて、その後、暗くなられます。

でも知らなかったわけではなくて、本当は何となくわかっていたことなんですね。目を背けていただけと言ってもいい。

 

まずは現実を正しくとらえることからですね。老後を迎えた時にジタバタしても怒っても泣いてももう遅いですからね。

ansに来られる方々の多くはもう一段お若い方々が多いですが、家を建てるのも大きな投資と言えます。将来のライフプランをよく考えてから、どういう家をどれくらいの価格で建てるのかを決めた方がいいと思います。

私たちは大変な時代に生きていますね。頑張っていきましょう。

 

 

フラット35金利、過去最低続く

2014.7.4

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

住宅ローン金利が依然として低いままですね。

固定金利型住宅ローンである「フラット35」の7月金利が発表されました。
先月に引続き、最低水準が1.73%でした。

これで3ヵ月連続で過去最低水準となりました。

 

ご存じの通り、「フラット35」は住宅金融支援機構と民間金融機関との提携ローンです。

ローン金利が全期間固定金利である点が最大の特徴です。変動金利ですと金利の上昇に伴って返済額が増えるリスクがありますが、固定金利だと毎月の返済額が当初の設定からずっと変わらないので、長期的な家計設計がしやすいというのがメリットですね。

他にも住宅金融支援機構の技術基準検査に合格した良質な住宅にだけ適用されるといった特徴があります。

注意点としては、金利や融資手数料などは取り扱う金融機関によって異なることと団体信用生命保険は別途の加入となることでしょうか。

 

一般的に「フラット35」の金利は10年物国債の金利と連動して決められています。
今10年物国債金利の水準は、0.5%台という過去最低の水準です。背景にあるのは、景気回復施策として政府と日銀がとっている金融緩和政策ですね。今、長期金利は意図的に低く抑えられているのです。

4月の消費税増税後の消費回復は、思いのほか足取りが重いという見方もあります。そのため、もしかしたら7月にももう一段踏み込んだの追加金融緩和を実施するかも、という観測も強まってきています。

そうなりますと、おそらく少なくともあと数か月間は今の過去最低の水準が続くという見通しが強まってきますね。

これから家を建てようとされている方や住宅ローンを 借換えようかなと考えられている方にとっては良いタイミングなのではないかなと思います。

(私も借り換えようかな・・・)

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら