住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2015年3月

もうすぐ春!

2015.3.27

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

もうすぐ春ですね。桜開花の便りも全国から聞こえるようになってきました。

昨日、東京・目黒で出会った桜です。まだ3分咲きといったところでしょうか。おそらく来週末くらいには満開になるでしょうね

DSC_0508DSC_0509

さて、経済も少しずつ明るい兆しが出ているようですね。

株価ももう間もなく2万円を超えそうな感じです。大手企業が続々と景気よくベースアップをしていることなどが好感されているようです。

これまでマスコミはこういうニュースが出ても「賃金が上がるのは大手製造業だけ」とか「喜ぶのは正社員で非正規雇用との格差が広がるだけ」というようなネガティブな受け止め方をすることが多かったのですが、今回は少し論調が変わってきているようです。

 

< 春闘:非正規でも賃上げ拡大 地方や中小への波及課題>
(毎日新聞2015年3月25日付)

『2015年春闘では、大企業を中心に契約社員やパートら非正規社員の賃金底上げの動きも目立つ。人手不足や非正規の処遇改善が社会問題化したことから、正社員を上回る賃上げに踏み切る企業も出ている。

KDDIは非正規の契約社員ら約3,600人に対して平均4,800円(月額)の引き上げを回答。正規の2,700円引き上げを上回る結果となった。同社の広報担当者は「正規社員との格差是正が社会的要請となっていたから」と説明する。

人手不足が深刻化する流通・サービス業界では、時給を20〜40円引き上げる回答が目立った。イトーヨーカ堂は、3万3,778人を対象に時給を17.6円引き上げた。持ち株会社のセブン&アイホールディングスは「パートの戦力化のため、以前から続けている賃上げの一貫」(広報担当者)とするが、連合の20日までのまとめでは、非正規の賃上げ額は、時給ベースの55組合平均で19.67円と、昨年同時期より7.7円多かった。これまで以上に賃上げムードが高まっていることが見てとれる。』

 

賃上げは大手製造業だけでなくて小売業やサービス業にも広がっていますし、正社員だけでなくて非正規社員やパートさんにも波及しているようです。

記事では「この賃上げムードが地方や中小企業にまで波及するかが課題」と締めていますが、中小企業庁は「中小企業の業況は持ち直しの動きを見せている」としています(中小企業景況調査:2015年3月27日発表)。

 

確かに今は人手不足です。

2月の失業率は完全雇用状態と言われる4%を切る3.5%ですし、有効求人倍率も1.15倍です。

景気回復が家計にまで回ってくるといよいよ本格的に景気回復が実感されるようになります。

景気も長い冬を終えて春が来るといいですね。

 

断熱性能を体感しました

2015.3.18

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

昨日(3/17)の熊本は暑かったですね~。なんと最高気温は24度だったそうで。(もう夏ですね)

おとといまで暖房を入れていたans流通団地店も昨日は「冷房」でした。

 

ans流通団地店にお越しいただいたことのあるお客様ならお分かりになるかもしれませんが、実はans流通団地店の建物は・・・性能が低いのです。

外気温の変化から私たちを守ってくれることはなく、冬はとてつもなく寒く、夏はとてつもなく暑い。
よくansの勉強会で「建物性能は大事です。性能のいい家は快適なのはモチロン、光熱費や健康にも大きな影響を与えますからね。」などと話していますが、流通団地店の建物はまさに悪い例に当てはまります。

セミナールームにある単板ガラスのアルミサッシがいかに外気温をダイレクトに室内に伝えるかなどを、実際に窓に触れながら皆さんにお話ししたりしています。

 

昨日、そんな暑いans流通団地店を出て、築40年くらいの古い建物を断熱リフォームした物件を見にいきました。

その物件は、コンクリート壁の内側に断熱パネルを施工して、ドアも断熱ドアに。窓は、ans流通団地店と同じような単板ガラスのアルミサッシの内側に断熱性能の高い樹脂サッシ(YKKAPのプラマード)をつけていたのですが、まぁこれが見事に熱をシャットアウトしているんですね。

夕方だったので西日がもろに当たっていたのですが、内窓を開けて外窓だけにすると熱気がもわっと伝わり見事に暑い。サーモセンサーで調べてみると外窓の表面温度は約30度。内窓は22度くらいでした。

あと、音もほぼシャットアウトです。外窓だけですと表の幹線道路を走る車の音がうるさいくらいですが、内窓まで閉めると「シン」とします。

いいですね~。実際に体感してみるとすごく性能の良さがよくわかりました。

 

これから新築される皆さんはこういう性能を手に入れることができるんですね。
羨ましいことです。

ans流通団地店もご来店いただく皆さんに快適な状態で過ごしていただくためには、ちょっとリフォームでもしないといけないなと思いました。

悪い事例を体感するには貴重ですけど。

 

 

若者が海外に留学する意義とは? ~ハッピーリッチ・メルマガ212号より~

2015.3.6

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今回は「留学について」です。お子さんが「留学したい」と言ったらどうします?

 

■近年、若い人たちの間では、海外勤務志望者や留学生が減少しているという話をよく耳にしました。「内向き志向」などと言われていたそんな流れが少し変わってきているようですね。

 

<海外留学8年ぶり増 中国へ2万人、米抜き最多 12年、文科省「内向き志向改善」>
(2015年2月28日付 日本経済新聞)
『2012年に海外留学した日本人は6万138人(前年比2,637人増)となり、8年ぶりに増加に転じたことが27日、文部科学省のまとめで分かった。経済のグローバル化を背景に留学への関心が高まり、文科省は「若者の『内向き志向』に改善がみられる」と分析。国は20年までに12万人に倍増させる目標を打ち出し、奨学金の拡充などで後押ししている。』

 

 文科省の統計によると、1980年代に大体1万4千~5千人程度だったが留学生は90年代に入る前あたりから増え始めて、89年には2万人を突破。その後右肩上がりで増え続けて、ピークの2004年には8万3千人にもなりました。しかし2005年以降、景気の悪化もあって7年連続で減少し、2011年には5万7千人に。それが2012年にようやく反転して6万人を超えた、ということらしいです。

 

文科省のホームページには留学生を増やす意義として、『グローバル化した社会に対応』、『諸外国への国際的理解・知識の拡大』、『語学力の向上』、『国境を超えた幅広い人的ネットワークの形成』、といった言葉がたくさん出てきます。

確かに、「将来はグローバルに活躍したい!」という若者が、語学力を高めたり、外国の文化を理解したり、グローバルな人脈を作ることを目的に留学するということはよくわかります。しかし、では「国内で仕事をしたい」という人たちにとって留学は意味がないかというともちろんそんなことはないと思います。私は、どこの国へ行くにせよ、将来的にどこで働こうとも、すべての若者が留学を経験した方がいいと強く思っています。

 

■恥ずかしながら 私の話ですが、私は小さい頃から「将来は海外で働きたい」とずっと思っていました。できれば学生時代に留学したかったのですが、とてもじゃないですが資金がなくて無理でしたので、「それならば」と海外で働ける会社に就職させてもらい、その会社の海外派遣実習員制度に応募しました。3年目、25歳の時に念願かなってスペインの大学に一年間留学させてもらうことになり、帰国後に2年間国内で働いた後に今度は勤務で3年間スペインに行きました。

結局、その会社には10年間働かせていただいた後に転職、今は完全に国内で仕事をしております。今、日々の仕事でスペイン語はおろか英語も使うことはほぼありません。でも、あのスペインで暮らしていた期間や語学の勉強に費やした時間が無駄だったとは全く思いません。むしろあの時間があったから今の私があると思えるほど今の私の生き方や考え方に影響を与えてくれています。

 

■海外に住んで外国の友人たちと触れ合って一番意識させられたことは「私は日本人である」ということでした。外国の友人たちからは常に、日本の歴史、宗教、文化、経済、風習などについて聞かれます。留学して初めていかに自分が日本のことを知らないか、自分の考えがないかを思い知らされました。

自分は何者なのか、自分の考え方の根底にあるものは何なのか。

そもそも外国では、いくら言語ができようと自分のことをちゃんと話せない人とは本当の意味でのコミュニケーションが成立しません。だから自分のアイデンティティとは何かということを考え続ける日々を送ることになります。

例えば、私は自分のことを無宗教だと思っていましたが、カトリックやイスラムの友人たちと話しているうちに自分が父や母から受け継いだ暮らしの考え方の中に仏教や神道の教えがあることに気が付かされました。「日本人はお米一粒にも神様が宿っていると考え、手を合わせて感謝して食事をする。」という話をすると皆が私を尊重してくれました。

 外国でのコミュニケーションの前提は「個」があるかどうかです。「個」がない、いわば何を考えているかわからない、どんな思想的背景があるかわからないような人と話す時には外国人は決して本心を話しません。外国では自分の考え、自分の信じるところをはっきりと話せることが大事です。日本のように同じ文化を共有していないので、「何となく言わなくてもわかるでしょ」は通じない世界です。ヘラヘラしているだけでは気味悪がられます。そう考えると、国際感覚を持つ上で大事なのは言語を習得することもそうですが、まず日本人としての自己のアイデンティティをしっかり持つことだと思います。

 

■私は留学後、それまであまり勉強してこなかった日本の歴史や文化を学ぶことが好きになりました。異文化と触れ合うことで自分を相対化することが出来、結果、「私」をはっきりと意識することが出来たと思っています。

 「自分が何者かを突き付けられ続ける環境に身を置くこと」。

これが留学の一番の意義ではないかと思います。若い人には是非留学にチャレンジしてもらいたいと思います。

ansでいつもやっているFPの観点から言いますと、お子様が「留学したい」と言った時に「住宅ローンがあるから無理!」と出来るだけ言わなくても良いような家計設計をしたいものですね。

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら