住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2015年6月

これからの住宅業界は…

2015.6.23

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

6月は色々イベントがありまして毎日移動ばかりしておりました。

先週は全国5か所で工務店の皆様との会合がありまして、住宅業界の今とこれからについてお話しして来ました。

住宅業界は今年と来年の途中くらいまではまずまず良いのでしょうが、そこから先は基本的に家を建てる人はドンドン少なくなっていきます。業界的には厳しい時代に入っていきます。

家を建てる人が少なくなっていきますと、当然業界内での競争は激しくなり、競争を勝ち抜くことが出来なかった会社さんから残念ではありますが、退場を命ぜられます。

 

「その時」までに何をするか。

工務店の経営者の皆さんの危機感はとても強いものがあります。

これからは、お客様の予算が限られている中、ニーズはどんどん多様化し、住宅性能への要求水準も高まっていきます。経営者の皆さんの口をそろえて仰っておられたことを私が一言でまとめるとすると、

「お客様に選ばれ続けるためには本物でなければならない」ということです。

 

部材にこだわり、施工にこだわり、デザインにこだわり、価格にこだわる。

お客様の「多様化したニーズ」に応えられるのは大量生産・大量販売の成長期のモデルではない。お客様のニーズに寄り添い、きめ細かく対応できるのは、地域に根差して地域風土に合った家づくりをしている「工務店」しかない、という思い。

 

…そんなことを確認してきました。

いつも言っていますが、工務店の経営者の皆さんって真面目なんですよね。

私もいつも大変良い刺激をいただいてています。

 

これから住宅業界は大きく変わっていくでしょう。

住宅会社側の営業の仕方も変わるでしょうし、お客様側の家の選び方も変わるでしょう。

そんな中、私たちansが「真面目なお客様」と「真面目な住宅会社さん」をお繋ぎする役割をしっかり担っていきたいと思っています。

頑張ります。

 

宅地造成が抑制される?

2015.6.11

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今、私は東京にいますが、熊本の皆様は雨、大丈夫でしょうか?

避難指示が出ている地域もあるようです。どうぞ気を付けてお過ごしください。

 

さて、先日こんな記事が出ていました。不動産の資産価値と住宅業界に色々な影響が出そうですね。

↓↓↓

<新たな宅地造成を抑制 国交省素案、人口減に対応>(2015年5月29日付 朝日新聞)

『国土交通省は、国土に占める住宅用地の割合を増やさない方針を打ち出した。新しい宅地造成を控え、代わりに空き家や中古住宅の活用を促す。人口や世帯数が減るなか、これまでのように郊外で宅地開発を進めれば、街づくりが難しくなるためだ。今後10年ほどの土地計画の目標として7年ぶりに改定される「国土利用計画」の素案に盛り込んだ。今夏の閣議決定をめざす。』

 

わかりますでしょうか。

要するに、これまでは都市の外へ外へと広げていった住宅地の造成をこれからはもう抑えていこう、ということです。これまで日本の住宅行政は「どんどん家を建てよう」とばかりに宅地をどんどん広げていく計画を立てていました。でも、これからはもう宅地は増やさない方針になるようです。

これはかなりの方針転換ですね。

宅地分譲をしているような会社さんにしてみたら経営戦略の転換を迫られるようなことになるかもしれません。また基本的に新築の住宅用地の供給が絞られるわけなので土地の価格が上がるかもしれません。中古住宅の取引が増えるかもしれませんね。

しかし、確かに考えてみればすでに人口は減少していますし、今問題となっている「空き家」だって増えています。もう日本ではこれ以上新しく「土地」を作る必要はないのかもしれません。

 

このニュースですが、朝日新聞だけが書いています。他紙が後追いもしていませんので、まだまだ不確定なことなのかもしれません。それに閣議決定をされたとしても、急に宅地供給がなくなって土地の価格が一気に上がる、なんてことはなくて、施行は緩やかに行われるでしょう。すぐに劇的な環境変化が起きるようなことはない、とは思います。

それでも、世の中の方向性としては宅地は総供給量を規制していく流れにあることは認識しておいた方がよさそうです。

 

「宅地の総量規制」。これ数年後のキーワードになるかもしれませんね。

 

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら