住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2016年9月

台風の季節に

2016.9.28

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

先週からまた全国を転々とする日々を送っています。京都から青森、その後、東京を経由して栃木。栃木から大宮で北陸新幹線に乗り換えて金沢へ。金沢で2日過ごして昨晩1週間ぶりに京都の家に戻り、今朝の移動でまた今東京にいます。

それにしてもどこへ行っても毎日、雨でした。9月の日照時間は平年の半分にも満たないとか。これでは行楽にもいけないし、洗濯物も乾かないし、農作物も育ちません。もはや「雨季」ですね。

台風が来ると私のような出張族は、新幹線や飛行機の運行状況をチェックをして台風のすき間を縫うようにして移動しないといけなくて大変です。

しかし、8月は猛暑で水不足の地域もあったくらいなのに、9月は長雨と台風続きです。7月くらいまで「今年は台風が少ない」と言っていたのが、今では毎週台風がやってきています。なんか極端ですね。

 

台風が日本を直撃すると必ず何らかの被害が出ます。冠水して家が水浸しになったり、農作物がダメになったり、ひどい時には土砂崩れが起きたり・・・。お亡くなりになる方もいます。

自然災害はどうしようもないとは言うものの、少しでも被害がなくなるような防災の工事などは国や自治体をあげてこれからもやってもらいたいですね。

私の生まれ故郷である愛知県の南西地域は、昭和34年に戦後最大の被害をもたらした伊勢湾台風が直撃したところです。5000人近い人が亡くなられた大惨事であったと子供のころから何度も聞かされてきました。もともと木曽川や長良川などの大きな川が伊勢湾に注ぎ込む低い地域です。水の被害はそれこそ太古の昔から多かったのだろうと思います。

伊勢湾台風の後、防災のために相当なお金がつぎ込こまれて海や川の防災工事や治水工事を進めてもらったお陰か、今ではあの地域はちょっとやそっとの台風や大雨では冠水などはしません。

日本人は台風や地震などの災害に学んで、備えながら自然と向き合ってきました。

「もう台風が来ても被害はほとんどありません」というような日が来るといいですね。

 

金利の動きをよく見ておきましょう

2016.9.17

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

9月も半ばに入り、少しずつ日差しの強さも和らいできました。夕方に吹く風はすっかり秋のものになってきましたね。このブログもほぼ月1の更新ペースになってしまっています…。スタッフから叱られました。すみません。もうちょっと頻度よく更新します。

さて、月1更新といえば住宅ローン金利です。

9月になってほとんどの金融機関でローン金利が少しだけ上がりました。特に固定金利が上がっています。

ま、上がったと言っても0.05%~0.10%程度なので微々たるものですが、それでもこれまでずっと一貫して低下傾向だったので、ちょっとした転換点かもしれないなと注意してみているところです。

通常、金利というのは変動金利の方が固定金利よりも低いのですが、今はその差がとても縮まっています。銀行によっては変動が0.95%で10年固定が1.0%とか、ほぼ差がないところもあります。これはかなりの異常事態です。

なぜそうなっているのでしょうか?

まず理解しておかないといけないのは、変動と固定では基準にしている金利が違うということです。

固定金利が国債金利をベースにしているのに対して、変動は企業への短期貸付などに使う短期プライムレート(企業向け短期最優遇貸出金利、通称:短プラ)をベースにしています。国債金利は市場で決まります。今、国債金利は日銀の金利緩和政策のおかげでどんどん下がってきました。今やマイナス金利ですからね。

短プラは各銀行が独自に決めています。今、銀行は長期では金利が低すぎて収益が上げられないので、代わりに短期で少しでも稼ごうとしているためか、各銀行とも短プラについてはあまり下げていません。結果として住宅ローンにおいては短期と長期の金利差が少なくなっている、というわけです。

こういう状況なので、今住宅ローンを組む人の多くが固定金利を選んでいます。全期間固定のフラット35でも金利1%ですからね。すごい水準ですよ。

このずっと下がってきた固定金利が9月には反転して、少しだけですが上がりました。国債金利のマイナス幅が少し縮まったからです。日銀は引き続きマイナス金利政策をとっていますので、この先金利がすぐに上昇するようなことは考えにくいですが、どうなるかはわかりません。

固定金利については長期国債金利の動きを見ておくこと、また変動金利については銀行の収益動向を見ておくことで大体の方向性が見えてきます。

ローン金利は少し変わるだけで総支払額は大きく変わりますのでよく見ておきたいところですね。

 

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら