住まいづくりの出発店[アンズ]
0120-934-818受付時間 10:00-18:00(水曜定休)
あなたにあった住宅会社が見つかります!

Blog

ans代表 川瀬ブログ

2017年3月

コロコロの置き方を女子高生に学ぶ

2017.3.14

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今日は「老いては子に従え」的な話です。

移動が多い私たちにとって相棒のような存在なのがキャリーバッグ(通称コロコロ)です。私はもう何台も「壊れては買い替え」を繰り返してきました。私のこだわりは車輪が四輪ではなく二輪であること。しかも出来るだけ車輪は大きめで頑丈なやつです。これを後ろ手でコロコロと引いて歩くのが好きなのです。

(二輪のイメージはこんな感じです)


四輪は、車輪が小さくてよく壊れてしまうことが多いし、何より電車の中などで置いておくと勝手にすーっと動いてしまうのが決定的にイヤなところです。その点、二輪は置いておいても言いつけをよく守る実直な兵士のようにじっとその場に立っています。

しかしながら、最近のキャリーバッグ事情は完全に四輪全盛時代。どこの売り場も四輪だらけです。二輪は探すのが大変になってきていました。

そんな中、2か月ほど前の博多への出張中に、愛用していた二輪コロコロが壊れてしまい使えなくなってしまいました。まだあと数日そのまま出張が続くので仕方なくその日の仕事の合間をぬって博多のデパートでキャリーバッグを買いました。四輪の割と大型のやつです。それしか置いてなかったし、もう時間もないので背に腹は代えられません。「音のしないスムーズな車輪の動きが自慢です」と店員さんは勧めてくれたのですが、「私はそれがイヤなんですけど」とも言えずに初めて四輪を購入しました。

(これと似たタイプのやつです)

↓↓↓


初めての四輪。

持って歩くときは大型の割に確かに静かだしスムーズです。しかし、やはりちょっと手を離して置いておいたりするとかなり勝手に動く。電車の中などは絶対取っ手をしっかり握っておかないといけないし、駅のホームは傾斜があるので、置いておくとすーっと動いてホームから落ちそうになります。ウロチョロ動く子供のようなものでとても手がかかります。

そんな手のかかる状態にも慣れてきた昨日、新潟から上越新幹線に乗りました。そこで問題が発生しました。

上越新幹線は2階建てなので天井が低くなっています。いつも乗っている東海道新幹線だとこの大型四輪コロコロでも上の棚に問題なく置けるのですが、天井が低くてスペースの狭い上越新幹線の棚にはこのコロコロが大きすぎて入らないのです。

 

う~ん、どうしよう。

自分の足元に置くと足を置くスペースがなくなるし、今から東京までの2時間ずっと手で押さえておくのも大変だし・・・。

歩いてきた車掌さんに「このキャリーが棚に入らない。足元に置くと狭くなる。どうしたらよいか。」と聞くと、「後ろに置いていいですよ。」と後ろを指し示します。私が座っていたのが車両の進行方向最後部の通路側でしたので、シートの後ろにちょっとしたスペースがあって、そこによく荷物が置かれているのはさすがに知っています。

「いや勝手に動くのですが・・・」と言っても聞こえなかったのか、意味がわからなかったのか、車掌さんはニッコリ笑って行ってしまいました。仕方がないので私の前に置いて動かないようにキャリーを足の間に挟んでいました。

 

新潟を出て次の燕三条駅で女子高生らしき子が乗ってきました。受験か何かでしょうか。見ると大きな四輪のコロコロを持っています。

私の横の窓側の席だったようで、「すみません」と言いながら奥の窓側の席に手に持った小さなカバンを置きます。

「お嬢さん、お気の毒だがその大きなヤツは上の棚には入りませんし、後ろのスペースに置くと動き回りますよ・・・」と心の中で思っていると、

「後ろ、よろしいですか?」と。

大きなキャリーバッグを後ろのスペースに置こうとします。

「えっ」と思う間もなく、その女子高生は、スッとキャリーバッグを横に倒して、キャリーバッグの側面の下にして置きました。

(こういう感じです)

↓↓↓


 

 

むむむっ。

確かに!

その手があったか!

というか、そりゃそうだよな。

 

女子高生のコロコロは新幹線の揺れにも静かに寝ているかのように微動だにしません。

女子高生を奥の席に通した後、それまで私の足元にあった私の大型四輪コロコロも横にして、女子高生のコロコロの隣にそっと寝かせました。

 

(は、恥ずかしい・・・)と思いながら。

 

新幹線出張を繰り返す仕事について20ン年。恐らく初めてキャリーバッグを持って東京へ行ったのであろう(想像)女子高生に四輪コロコロの正しい置き方を教えてもらいました。

年齢を重ねるうちにモノの見方が硬直しているのではないか、と大いに反省した出来事でした。

 

 

 

あれから6年

2017.3.11

いつもありがとうございます。ansの川瀬です。

今日は珍しく土曜日に勉強会を開催します。私は帯山店にて午前は「住宅の価格勉強会」、午後は「資金勉強会」です。多くの皆さまに参加のご予約をいただいていますので楽しみです。

さて、今日は3月11日。あの東日本大震災から丸6年経ちましたね。

あの日のあの時間、私は東京駅に向かう新幹線の中にいました。品川駅を出て東京駅に向かう時、田町駅あたりで新幹線がすーっと止まり、「大きな地震を感知しましたので緊急停車しました。」とアナウンスが流れました。その直後に、ガガガーっと来ました。すごい揺れでシートにしがみつきました。窓からみえる芝浦の高層ビル群が大きく左右に揺れていて「これは大変な地震だ」と身構えた記憶があります。揺れが収まった後も新幹線はかなり長時間復旧せず、結局そのまま約8時間、停車した新幹線の中で過ごしました。

その間、ケータイのワンセグでずっとニュースを観ていましたがこの世界で起きているとは思えない映像に言葉を失っていました。

深夜近くになってようやく東京駅に着いたのですが、東京駅は帰宅できない人たちでごったがえしていましたね。私もそこで一夜を明かしました。

あれから6年ですか。時間の経過は速いですが、東北の復興はまだまだ続いていますね。

昨年は熊本でも震災がありました。熊本の皆さんも復興に向けて頑張っておられます。私の出来ることなど知れていますが、自分の持ち場で一生懸命働こうと思います。

まずは間もなく始まる勉強会からですね。熊本で新たに住宅建築を検討しておられる皆さまに参考になるような話が出来るように頑張ります!

 

 

ご予約、お問い合わせはお気軽に。

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら