伝えたい、Y様とのこと。 | 住まいづくりの相談窓口ans [アンズ]
0120-934-829受付時間 10:00-18:00(水曜定休)

熊本・福岡・静岡の住まいづくりの相談窓口[アンズ]

Blog

スタッフブログ

2017.6.6
ansスタッフブログ

伝えたい、Y様とのこと。

みなさまこんにちは~。スタッフ武田です。

先日、既に引き渡しとなられた、Y様邸を訪問させていただきました。

地鎮祭から長くお会いしていませんでしたので、
ご家族に会うのも、どんな家が完成したのかを考える道中もワクワク。

この日は天気もよく、Y様邸を目指してひた走ります~。

右手にグレーのお宅が見えてきました。

(えー、こんな感じになったんだー!!)と、
地鎮祭でのいろいろを思い出し、興奮した気持ちで車を降ります。

「ご無沙汰しております」
ご主人様が出てこられ、駐車場にて改めて揃ったご家族みなさんの顔を見たとき、
うぅ・・・という気持ちになりました。

-------------------------------------
Y様ご家族とは昨年2月にお会いして、
そこからの住宅会社選びや、設計士の方との出会いなど、
多分私は、かなりの時間を使ってこの歴史を熱く語れます。

ご家族が思い描いていた家はこんな形で実現したんだな、と感じました。

ご自宅内では、各部屋の案内・説明をご主人様にしていただきました。

設計士の方が、一番最初にこの図面を提案した時のことを今も覚えています。
家族が身を乗り出して眺めた1枚の紙。

それは、設計士の声で色がつき、季節の花が咲いて、家族の生活をイメージさせてくれる、
魔法の紙でした。

どうしてこの部屋はこんな配置になったのか、
ここにはこんな配慮があってこうなった、
使い勝手の良さや、ちょっと失敗したところ、電気代の話。

「地鎮祭のときは、ただの田園風景と思っていたこの風景がですね・・・」

ご主人様が子ども部屋へ案内してくれました。
窓から見えるその風景は、

確かに。
1枚の絵のようでした。

-------------------------------------
帰り際、庭にあった子どもたちのための、手作りぶらんこも見せていただきました。

ぶらんこっていう、
小さくてもすごく立派なのりものが私は大好きで、
子どもたちと一緒に乗りたかったくらい!
(私の体重で、ひもがちぎれてNG。大人のぶらんこ遊びには鎖がベスト!)

ぶらんこをこぎながら、子どもたちが私に向かって叫びました。

「ぼくたちのことを、忘れないでくださーい」

その台詞が、子どもながらに丁寧すぎて、あまりに唐突で、意外で。

「当たり前だよ、また来るよ」
そう答えながら、
ごめんね。私は爆笑してしまいました。

****************************************************
この日、Y様邸を出た後、
私の大好きな公園に寄って帰りました。

隣に座っていたおばあさんも、黙って池を眺めていました。

日差しが強く暑い一日でしたが、

Y様邸も、この公園も、
私にはどちらも心地よい場所でした。

ご予約、お問い合わせはお気軽に

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お気軽にご参加・ご相談ください

勉強会に予約する 相談会に予約する