平屋のメリットとデメリットを見ていこう! | 住まいづくりの相談窓口ans [アンズ]
0120-934-829受付時間 10:00-17:00(水曜定休)

熊本・静岡・福岡の住まいづくりの出発店[アンズ]

COLUMN

住まいづくりコラム

2022.3.13
住まいづくりコラム

平屋のメリットとデメリットを見ていこう!

こんにちは!ans流通団地店の松下です。
最近、春が来たんだなと感じるようになりました。
とは言っても鼻のムズムズが止まらないだけなんですけどね(^^;)
桜が大好きなのに花粉症の存在が大きすぎて春を好きになれないです(笑)
熊本ではもうすぐ桜が開花しそうですね。
今年も桜を見に散歩に行きまくりたいと思います!

 

そんなこんなで今日は【平屋のメリットとデメリット】について話していきたいと思います!
ansに来店されるお客様で、平屋の建築を希望される方は多くいらっしゃいます。
どうして平屋がいいのですか?と尋ねると「将来2階は使うことがなくなるから」とお答えの方が多かったです。
確かに2階建ての場合は、お子様のお部屋を2階につくられる方が多く、お子様が学生の頃は子ども部屋を使いますが、お子様が巣立ったあとはほとんど2階を使わなくなる、というお話はよく聞きます。
それでは他には平屋にどんなメリットがあるのか、そしてデメリットがあるのかを一緒に見ていきたいと思います!

 

【平屋のメリット】
①生活や家事がしやすい
平屋は掃除がしやすく、洗濯物を持って階段を昇り降りする必要がないことはメリットですね。

②バリアフリー
平屋は階段がないので、転落の恐れがなく、お子様やお年寄りにも安心安全な生活を送ることができます。

③コミュニケーションがとりやすい
平屋はワンフロアで家族みんなと過ごしますので顔を合わせる機会が多く、家族をいつも近くに感じることができるので自然とコミュニケーションが増えるのでないでしょうか。

④構造的に安定しやすい
熊本では大きな地震もありましたので、地震による建物への影響を気にされる方は増えたかと思います。
平屋は2階部分がなく高さが低いため、構造的に安定しやすい点はメリットですね。

⑤メンテナンス費用を抑えやすい
お家を長持ちさせるために大切なメンテナンス。
ペンキの塗り直しや屋根の修理などに必要な足場ですが、大掛かりな足場を組むということにかなりの費用がかかってきます。
その場合、平屋の方が足場に費用がかかりにくいです。

⑥間取りの自由度が高い
平屋は階段がなく、2階を支える壁や柱もないので、間取りの自由度が高くなる点はメリットですね。
天井を高くしたり、広いワンフロアにしたり、間取りをコの字型やロの字型にしたりと、こだわりたい方にはおすすめです。

 

【平屋のデメリット】
①広い土地が必要になる
平屋で2階建てと同じ延べ床面積を確保するとなると、それだけ広い土地が必要になります。
そして土地は地域により建ぺい率が定められており、その土地に建築可能な面積が決まっています。
平屋は2階建てに比べると建物が土地に面している割合は大きくなる場合が多いので、広い土地が必要になると言われています。

②建物中心部の日当たりが悪くなる
平屋で部屋数が多いと、建物の中心部に日が当たりにくくなります。
周りに2階建てなど高さのある建物があると尚更光が入りにくくなるので、工夫が必要になります。

③坪単価が高くなりやすい
例えば2階建てと同じ広さの平屋を作る場合、2階部分を1階に作る事になり、単純に考えると屋根と基礎の部分が2階建ての2倍の大きさになります。
屋根と基礎の部分が大きいほど建築費用は上がるため、平屋は2階建てに比べ坪単価が高くなると言われている点はデメリットですね。

④防犯対策を考える必要がある
平屋は全ての出入り口が1階のため侵入者が入りづらいように注意をする必要があります。
そして周囲が2階建ての場合は、上から家の中が覗かれないようなつくりにすることも大切です。

⑤水害時に被害が大きくなる
平屋は豪雨の際に床上浸水した場合、2階に避難したり、荷物を移すことができない点はデメリットですね。
平屋の場合は特に水害に気をつける必要があります。

⑥プライベートが確保しにくい
平屋のメリットでコミュニケーションがとりやすいとありましたが、反対に言えば平屋は家族の気配を感じやすいのでプライベートの空間がないと感じる方はいるかもしれません。

 

ちなみに私の友人で平屋ではなく2階建てを建築した夫婦がいるのですが、土地は平屋を建てるには十分の広さだったのですが、なぜ2階建てを選んだのかと聞くと、2階から下の道を行きかう人たちを眺めたかったのと、誰が来たかを上の窓から見たいからと言ってました。特殊?(笑)

 

メリットとデメリットをそれぞれ6つずつ上げてきました。
平屋は坪単価が高かったり、土地代が高くなるのでと諦める方もいらっしゃいますが、長い目で考えると、メンテナンス費用の節約ができたり、2階への移動が無い暮らしができたりとメリットもたくさんあります。
メリットとデメリットを踏まえた上で、ご家族に合うスタイルを選んでいけたらいいのではないかなと思います。

 

↓ちなみにこちらの記事は今流行りの田舎暮らしのメリットとデメリットについて書かれた記事になりますので是非読んでみてください。
田舎暮らしのメリットデメリットとは?

 

↓これから住まいづくりをお考えの方や、絶賛住まいづくり中の方も、お気軽に一度ansの無料相談会にいらしてください。
住まいづくり無料相談会