窓だけじゃない!?結露の話 | 住まいづくりの相談窓口ans [アンズ]
0120-934-829受付時間 10:00-18:00(水曜定休)

熊本・福岡・静岡の住まいづくりの相談窓口[アンズ]

Blog

スタッフブログ

2020.6.11
ansスタッフブログ住宅性能

窓だけじゃない!?結露の話

皆様こんにちは!ansの岩田です。

あっという間に季節が春から夏に変わり、気温が高い日が増えてきました。
今年は新たな生活様式との事で、マスクを付けて過ごされる方も多いと
思います。人の居ない所でこまめにマスクを取るなど、
熱中症にならないよう、十分ご注意ください。

さて、いきなりですが皆さん!今お住まいのお家、結露は発生しますか?

特に冬場など、窓に水滴がついているのを目にする機会が多いのでは
ないでしょうか?
いつの間にかお気に入りのカーテンにカビが…(´;ω;`)
など悲しい経験をされた方も多いのではないかと思います。

そんな厄介者の結露ですが…発生するのは窓だけと思われていませんか?

実はそうではないのです!

見えない「壁の中」この中にも結露は発生します!

この結露が発生する原因のひとつに断熱材があります。
断熱材がきちんと施工されていないと、断熱材と壁の間に隙間が出来て
しまいます。
その隙間に結露が出来てしまうことで、壁にカビが生えてしまったり、
ダニの温床となってしまうかもしれません。
また、結露により木材が痛むことでシロアリが発生したりと、
健康面や住宅の耐久性にも大きな影響を及ぼしてしまうのです…。

また、断熱材は住宅の性能にも大きく関わってくると言われています。

私が住んでいるお家は部屋ごとに温度差があり、1歩別の部屋へ
移動すると、もうむせ返るように暑いです(-_-;)

冬場は暖房を付けますが、寒暖差で窓や玄関ドアに結露が起こってしまい、
サッシの部分にカビが生えていたり、ドアにサビが…など私と同じように
嫌な思いをされた経験がある方もいらっしゃるのではと思います。

これが当たり前…だと思っていたのですが、断熱材がきちんと施工されて、
性能のいい住宅だと、家の中で寒暖差を感じにくくなると言われています。

寒暖差はヒートショックといった危険な現象を引き起こしてしまう
こともあるのですが、性能のいい住宅では起こりにくくなると言われています。
なおかつ結露も出来にくくなることでカビの発生も抑えられ、健康面でいいこと
尽くしなのです。

※ヒートショックについてはこちらのブログにてお話しております
「住宅性能はとっても大事パート②」

https://www.ans-ans.co.jp/staff_blog/10359.html

また、性能のいい住宅だと、エアコンを切った後でも温度が保たれることで、
光熱費の削減が出来、お財布にも優しい生活をされている方が多いんです。

せっかく建てたお住まい、快適に長く住んでいきたいですよね?
住宅の断熱材、いい施工とはどういう状態だろう?
性能のいい住宅ってどうやって見極めるの?と疑問に思われた方は
ぜひansの住まいづくり勉強会へ!!
⇩ご予約はこちらから⇩

https://www.ans-ans.co.jp/seminar.html

ansでは6月より通常営業をしております。
⇩ansの感染予防対策に関してはこちらから⇩

https://www.ans-ans.co.jp/news/10642.html

店舗での無料相談会の他に、Zoomでのオンライン相談会も
開催しております。
お住まいづくりの不安な事をお家にいながら相談できます!
ぜひこの時期だからこそ、お住まいづくり始めてみませんか?
⇩ご予約はこちらから⇩

https://www.ans-ans.co.jp/news/10553.html

ご予約、お問い合わせはお気軽に

アンズは住宅会社ではありません。住まいづくりの無料相談所です。営業行為などはありませんのでご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お気軽にご参加・ご相談ください

勉強会に予約する 相談会に予約する